2008年08月21日

横山忠則〜辻 千香〜

横山忠則『冒険王』を見に行きました。
神戸県立美術館まで。

熱くて、駅から美術館までの道のりで干からびてしまいかけましたが、ほんと、行ってよかった。
以前、偶然テレビで見かけた『日曜美術館』で特集をしていたのがすっごく気になっていて、神戸にくると知ってからずーっと行きたくて思いをはせておりました。

すっごいかっちょよくって、特に赤が大変かっこよくって、そして不安で、でも興味をおさえきれないかんじで、目の前に立つだけで、
めまいがするような感覚で絵の中にぐらりと吸い込まれてしまいそうでした。
ぐわんぐわんきた。
デザイナーとしても活動していて、
唐組とか、寺山修二など、アングラのポスターを手がけていました。
また、かっこいいんだ。
ほんと。
するどく、感覚に訴えかけてきて、しびれるほど脳にきました。
Y字路の絵をたくさん手がけていて、だいたい、先が暗くてはっきりわからないんだけど、絶対先はあるだろうと想像させられて、見えないからこそ、前に進みたくなるなぁと思わせる絵画ばかりでした。
んーー、冒険王だ。
そしてかなり茶目っけがあるんじゃないかとくすりとくるものもあって、
この人ほんとに幅の広い、豊かなアーティストだなーってことと生命力に満ち溢れているのがびしばしかんじました。70オーバーの人なのに。人生楽しんでるわ。
よかったー。みにいけて。
今月24日までやってます。お暇がある方は是非。

でもそのお暇があるならばちょっとばかり芸術創造館まで行ってみるのはいかがでしょう。
福田恵がレトルト内閣さんでお迎えします。
それでもお暇があるなら神戸にも是非。


posted by GG at 01:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 辻 千香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。